はぴけあTOP > 介護保険でリフォームができる?!

これ、ええんちゃう?

介護保険でリフォームができる?!

株式会社ランドル

大阪市西淀川区に店舗を構えられているリフォーム会社、株式会社ランドルさんに詳しくお聞きしました。 (写真 左側:安田さん 右側:土田さん)

浜田
早速ですが、介護保険がリフォームに適用できる「介護保険住宅改修」というのはどのような仕組みなのでしょうか?

土田さん
まず、「介護保険住宅改修」は介護認定を受けている方が対象になります。
それとは別で「高齢者住宅改修費助成事業」という制度があります。これは介護保険の住宅改修を行うとき、関連する工事であるが支給対象とならない部分についてその費用を助成します。ただしこちらは所得制限などの条件がありますので、全ての方が利用できるものではありません。

浜田
「介護保険住宅改修」は介護認定を受けている方であれば全ての方に利用いただけるのでしょうか?

土田さん
介護保険の要介護認定において、要支援1及び2、要介護1から5までの認定を受けている方が対象になります。
また、申請の際には、居宅介護支援業者に属する介護支援専門員(ケアマネージャー等)が作成する理由書が必要になります。

浜田
どのような改修工事ができるのでしょうか?

土田さん
住宅改修の目的として、在宅の要介護者が、自立や介護しやすい生活環境を整えるための内容になります。項目としては5つあります。

  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
  4. 引き戸等への扉の取り替え
  5. 洋式便器等への便座の取り替え
  6. その他1から5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

これらが対象になります。

浜田
限られた範囲の改修になりますね・・・これは認められるけど、これは認められないなど関連改修でもありそうですね。

土田さん、安田さん
そうですね~。

土田さん
例えば、手すりの取り付けは認められるけど、手すりを取り付ける壁の壁紙を張り替えることは認められないなど、結構ありますね。
介護保険住宅改修で支給対象とならない部分については「高齢者住宅改修費助成事業」の方で費用が認められる場合があります。ただし、内容と所得制限がありますので、全ての方が対象というわけではありません。

浜田
項目だけで見ると、なかなか当てはまらないかなと思ったりもしますが・・・

土田さん
利用者の方が普段ご自宅でどのような生活をされているのかをきっちり伝えることが大事ですね。
それと身体のあり方を見てどういうところに支障があるのか、それによっては該当することも多いと思います。

浜田
給付、助成の限度額はいくらですか?

安田さん
介護保険の住宅改修は20万円(自己負担1割)、高齢者住宅改修費助成事業については介護保険料段階が第1~第4段階の人は30万円、第5~6段階の人は5万円、第7~11段階の人は対象外です。

給付、助成の限度額表

浜田
これらの相談はどこに問い合わせしたらいいのでしょうか?

安田さん
ケアマネージャーさんやお住まいの区の保健福祉センターの介護保険の窓口、もちろん我々にお問い合わせいただいてもご説明させていただきます。

<大阪市の場合>
大阪市福祉局高齢者施策部介護保険課保険給付グループ
住所: 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)
電話: 06-6208-8033

住宅改修相談の流れ

浜田
相談する時の注意点はありますか?

土田さん
そうですね・・・わからないことは何でも聞いていただければと思いますが、介護保険住宅改修と高齢者住宅改修費助成事業は事前申請が必要ですので、必ず前もってご相談ください。改修した後の申請では支給されませんので。

浜田
それは重要ですね!中にはあとからでも支給されると思ってしまう方もおられるような気がします。

安田さん
そうなんです。せっかく支給されるものも、順番を間違えると支給されませんので、そういう意味で、特にリフォーム会社に聞かれる場合にはちゃんと説明してくれる会社を選ぶ必要があると思います。

浜田
ランドルさんは「住宅改修給付券取扱事業者」として登録されているとお聞きしましたが、登録されている事業者とそうでない事業者の違いを教えてください。

土田さん
介護保険制度では住宅改修を行う場合の給付については、まず利用者(被保険者)が全額負担し、その後申請を行って9割の保険給付分の払い戻しを受ける「償還払い方式」による支給とされてますが、利用者(被保険者)の一時的な負担を解消するために、大阪市では「給付券方式」を導入しています。利用前に申請を行うことで、利用者は保険給付の対象となる費用(支給限度額内)の1割相当の負担でこれを利用できるというものです。残りの9割相当額は市が発行する給付券で直接、給付券取扱事業者に支払われます。
給付券は登録している事業者のみ扱うことができますので、依頼する業者が登録事業者でない場合は、利用者の一時負担が必要となります。
一時負担を無くしたい場合は登録している事業者か、そうでない事業者か前もって確認した方が良いですね。

安田さん
給付券も利用者が入院中だったり、保険料を滞納していたりすると給付されませんし、給付券発行前に施工を行うと給付券申請が無効になったりしますので、必ずしも給付券方式が使えるとは言えませんので、しっかり説明を受けて進めていかれることをおすすめします。

浜田
そうなんですね~!まず給付券を利用できるということは是非知っておきたいですね!でも地域によって制度が違うということや、給付券の取り扱いができる事業者とそうでない事業者があるということなど、ランドルさんのように身近で詳しく教えてもらえる場所があるというのは嬉しいですね。

浜田
ランドルさんの場合、来店してのご相談になりますか?

土田さん
ご来店いただけるのも歓迎ですし、身動きできない方などはこちらからご訪問させていただきますよ。

浜田
それは嬉しいですね!家の構造などうまく説明できなかったり、ご家庭によっては外出できない事情があったりすると思いますし!

土田さん
ホントなんでもお気軽にご相談ください!

浜田
本日はありがとうございました。とても勉強になりました!

<お問い合わせ先>

株式会社ランドル

TEL
: 0120-536-596
MAIL
URL
http://www.randle.co.jp/
住所
〒555-0024 大阪市西淀川区野里2丁目2-4
受付
10:00-20:00
定休
水曜日

一覧へ戻る

ページトップへ