はぴけあTOP 介護のニュース&トピックス> 高齢者に広がる「こけない体操」…椅子使い安全


2014/02/14 高齢者に広がる「こけない体操」…椅子使い安全

鳥取県北栄町が考案した「こけないからだ体操」が、高齢者の間で広がっている。
椅子を使って体を支えるため安全性が高く、童謡などを歌いながら楽しく続けられるというもの。
2009年から普及に努め、現在は9地区で計約130人が実践。
体力維持や介護予防だけでなく、定期的に集まることで独り暮らしの孤立防止にもつながると評判だ。

-中略-

【記事全文】
読売新聞(http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140211-OYT1T00640.htm
【参考】
内閣府(http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html


わが国の平均寿命は世界でも最高水準となりました。
高齢期は誰もが迎えるといってよい時代となっており、平成25(2013)年には高齢化率が25.1%で4人に1人、
47(2035)年に33.4%で3人に1人と深刻です。

これからは、日常生活における自立、精神的な自立を維持し、高齢者自身が尊厳を保てる社会というのが求められていると思います。
国のサービスの充実だけでなく、私たちも体力維持や地域の人とのつながりを大切にして、いつかくる高齢期に備えたいと思います。

<< 次の記事へ はぴけあ介護ニュース&トピックス TOP 前の記事へ >>

ページトップへ